お知らせ

今日、バタバタといろいろ決まり
引越しが変更になりそうです。
早かったら来週にも引っ越せそうです。

あと、実は、職場のほうでも
移動が急遽あり
悩んでいましたが
そっちへ移動することになりました。

しばらくバタバタとするので
ブログが更新できないと思いますが
また、会える日まで。

引越しと職場の移動
いいタイミングなのかもしれません。

とりあえず、早く越したかったので嬉しいです。
職場も少し遠くなるのですが
早く終われるのでええ感じです。

とりあえず
また新たにリセットしたいです。。。

[PR]
# by molindaupaupa | 2017-06-20 22:18 | Comments(2)



大阪府箕面市のけんちくの種さんで
行われている
展示会に行きました。

谷崎聖子さんの
『森のかなたの衣装と手仕事展』

ここ数日、お伝えしております。。。

たくさんの歴史を歩んできた
素敵な衣装や手仕事が揃っていました。
e0371618_08002165.jpg
クロスステッチが
細かく揃っています。
縦のラインにレースのように
見えるのは
おそらくドロンワークではないでしょうか。
e0371618_08024625.jpg
1935年に作られたのかもしれませんね。
85年も前に作られたとは
思えないほど
綺麗です。

裾のレースのような部分も
もちろん、手作りです。
e0371618_08123197.jpg
遠くから見ていると
刺繍だと思っていたこちらは
ビーズで作られています。
小さなビーズを通して
どれだけの数のビーズを
刺繍したのでしょう。
すごくキレイです。
こちらはエプロンの形になっています。

真っ白な生地に
タックを均等にいくつも寄せて
ステッチやビーズをほどこす。

今は、たくさん物があふれていて
自分で
無い物を生み出すことが
少なくなっている気がします。
買えばある、、、、
そうではなく
子供達には
ないものを作り出す、、、その世界を知ってもらいたい。
e0371618_08200429.jpg
とても手作りとは思えない
柔らかなチュニックの
襟ぐりも胸元も
すべて手作り。
細かなデザインが
作り手のこころの中を
表しているようです。
e0371618_08214467.jpg
チュニックに使用されている生地は
余すことがなく使われていて
その生地をほどくと
一枚の生地に戻るそうです。
大切な生地だから
生まれたチュニックの形。
タックが寄せられ
襟元や袖山は
ギュッと詰まっている。
e0371618_08253004.jpg
忘れていたものが
ふつふつとよみがえる。
長男が子供の頃は
ほんとうにたくさん服を作ってやった。
小学生の間も
手作りの服を着ていたな、、

『作りたい』

その想いも
ふつふつとよみがえる。
e0371618_08272384.jpg
燃えるような袖口は
一番上段は
細い糸でのイーラーショシュが
施されている。
美しい刺繍の
時間をかけて作ったその光景が
見たこともない時代を
想像させてくれるようだ。

e0371618_08304998.jpg
糸を出し
糸をまた生地に刺す。
難しいテクニックはなくても
その工程を繰り返すだけで
美しい花模様は
何もなかった生地に
浮き出てくる。
見たこともない花は
刺し手のこころの花のよう。
e0371618_08334319.jpg
きっと、この時代は
誰もがファッションデザイナーなんだと思います。
生地を裁断し
デザインし
刺繍し、仕上げていく。

一着にどれだけの時間が費やされているのだろう。

わたしもこんな刺繍の洋服を作りたい。
e0371618_08392392.jpg
プリーツに小花。
どちらも手仕事。
手仕事で
この美しいプリーツを
どうやって作っているのでしょう。

e0371618_08405779.jpg
革にもすべて刺繍が施され
革のベストは
革が見えなくなるまで
刺繍します。

わたしがいつも感動するのは
裏面なのです。

刺繍の裏側。

そこを見た瞬間
わたしは
『刺繍をしないといけない!』
と感じてしまう。

それは明らかに職人がしたものではなく
普通に暮らしている人が
刺したものだと分かるから。
自由に刺しているのです。
そこが大事だと思うのです。
そこが刺繍の手仕事の良さなんだと
わたしは感じるのです。
e0371618_08461481.jpg
こちらは
ロマと言って
ジプシーの刺繍です。
まるでお絵描きをしたかのような
色とステッチ。
自由に刺してあります。
想いのまま。
e0371618_08471121.jpg
刺繍って、美しいのももちろんだけど
大切なのって
難しいことを気にしないってことじゃないかなって
思うのです。

大きな刺繍は
まるで動き出すようで
ドキドキします。
このドキドキを伝えたい。

e0371618_08514336.jpg
壁を飾るこちらは
イーラーショシュ
黒も素敵ですね。
壁にこんな風に飾れたら
すてき。
わたしもしてみたい!!!!
e0371618_08533434.jpg
イーラーショシュとは
こんな感じなんですよ。
赤い太い糸で
独特な刺し方で刺しています。
チェーンステッチの変形版のようです。
いきなりする方には
難しいかもしれませんが
この密な感じの虜になったら
あなたも刺繍デビューするきっかけになるかもしれませんね。

わたしもあと少しで仕上がる
大きなイーラーショシュを仕上げたいと
糸を購入してきました。
e0371618_08592007.jpg
こちらは子供用の民族衣装です。
すごく綺麗で
ベストのすべては
ビーズで刺繍されています。
肩には太めの織りのリボンが二枚重ねてつけられて
着やすく、そして、独特なデザインを
より一層、素敵にしています。
このテクニック、何かに使いたい!!!
そう思いました。
e0371618_09011856.jpg
こちらも子供用。民族衣装のスカートの上につける
エプロン型のもの。
はぁ〜〜。ため息。
これ、作りたいです。
中央部分もすべて手仕事です。
柄、つまりプリントではありません。。。
素敵すぎます。
もう、孫のために作ってあげたい。
後ろの方のプリーツがきれいなのが
スカートです。

実は、この衣装を
谷崎さんのお嬢さんが着てくださったのですが
もう、ほんとうに可愛くって仕方なかったです!!
(わたしも着たい!って思ってしまった)
e0371618_09042131.jpg
美しい付け襟。
もう、ほんとうにうっとりしてしまって
刺繍やビーズって
ほんとうにステキだとビンビン感じました。

もう、帰る間際には
刺繍がしたくて
ビーズが触りたくて
うずうずしてしまいます。

最後に谷崎さんに
お礼を言いました。

この展示を見させてもらって
わたしは
すごく、忘れていたものを
再び、思い出させてもらった気がします。
わたしが
谷崎さんに出会った意味は
まだ、答えが出ていないまま。
このままではいけないって
刺繍がわたしに教えてくれたのです。
何十年も昔の息づく糸が
わたしに呼びかけるのです。

e0371618_08591170.jpg
ときどき、
何かに出会ったことが運命をかえたって
テレビとかでやっているけど
わたしは
谷崎さんに見つけてもらったこと
そして、たくさんのトランシルヴァニアの
手仕事を感じさせてもらったことが
運命だと感じて止まなかったです。
そして、運命をまだ
これから変えなくてはいけない。
それが個展。
個展に向けて、、、

進もうと思う。

糸からの声に導かれるままに。。。。。






ステキな展示は
けんちくの種さんで
ご覧いただけます。
6/25まで。。。。。。
あなたも運命の刺繍に
出会えるかもしれません。。。。

[PR]
# by molindaupaupa | 2017-06-20 09:20 | モリンダの刺繍 | Comments(0)

けんちくの種さんにて


大阪市箕面市にある
建築家のご夫妻がされている
ギャラリースペース
『けんちくの種』にて
現在、6月25日まで
素敵な手仕事の衣装が
勢ぞろいしています。

わたしは、主宰者の谷崎さんが在廊される昨日
娘二人と阪急箕面線の牧落駅まで向かいました。

先週、お会いしているのですが
でも、わくわくします。
今回は衣装がたくさん見れるというのが
すごく興奮します。

e0371618_08113697.jpg
駅から、まっすぐに歩いて5分ほどでしょうか。
見つけました!
ここだ!!!
すぐにわかりました。

e0371618_08123733.jpg
大きな窓の向こうには
谷崎さんがもうすでにおられる
お客様といろいろお話しされている
後ろ姿が見れます。

さあ、入ってみましょう。
e0371618_08141896.jpg
建築家の方がされているので
その空間がとても居心地良いです。
シンプルですが
きっと、ご夫妻の素敵なお人柄が
空間にもでているのです。

谷崎さんのもうすぐ4歳になる娘さんが
登場してくると
娘たちは、そのお人形さんみたいな可愛らしさに
『一緒に遊ぼう』と外へ。
そうすると
娘たちのリュックで
ご夫妻がなにやらお話しをされているので
うかがってみると

なんと、そのご夫妻の高二の娘さんも
韓国のアーティストのファンだとか!
うちの娘二人も現在
韓国のとあるグループにお熱。
リュックには、たくさんのお好きな歌手の
バッジがいっぱい。
そんなご縁で
わたしも意気投合!させてもらい
楽しくお話しさせてもらいました。

そんなとても素敵なご夫妻の素敵な空間で
わたしの大好きな谷崎さんの展示が観れたこと
直接、刺繍のお話しを聞けたことは
すごく嬉しかったです。

あなたもぜひ、
足を運んで見られませんか?

けんちくの種


現在6/25まで
TRANSYLVANIA 森のかなたの衣装と手仕事展
が開催されいます。
11:00〜17:00
なお、谷崎さんが在廊される日は
終了しております。
e0371618_08335383.jpg
そうそう!!!
けんちくの種さんを出て
電車に乗ってから
インスタをアップしたら!!!
なんと、インスタでお友達になっている方も
そこにおられたようで
わたしは、お顔がわからないので
どなたか残念ながら、わからなかったのですが
その方には
『白い服の?』と
わたしだと分かっていたようです。

しかも、何年か前の谷崎さんの展示会で
わたしのブローチを置いてもらっていたのですが
そのときのブローチを見ていただいていたようです。

そうしたことを
何年も経って聞かせていただけると
ほんとうにありがたいです。

わたしもがんばります。

とりあえず、今は遅刻しそうなんで
行ってきますね!

刺繍の展示のお話しは
続きます。



[PR]
# by molindaupaupa | 2017-06-19 08:44 | モリンダの刺繍 | Comments(0)

昨夜は眠れなかった。
2時過ぎまで眠れなくて
長男が帰ってきて
よけいに眠れなくなって、、、
それは
すごく楽しみであったから。。。

e0371618_21321248.jpg
大阪の箕面市にある
けんちくの種さんという
素敵な場所での展示に
わくわくが止まらなかったからです。

おともだちと呼ばせていただいて良いのか
わからないですが
わたしのハンドメイドにとって
どうしても欠くことのできない方
谷崎聖子さんの
収集された
手仕事が一堂に展示されるのです。
ハンガリー、ルーマニア、ザクセン、ロマ、、、
様々な民族の
遠い昔に手で作られた
美しい衣装は
どの衣装も同じものはなく
生地も無駄がなく使用され
美しい細かなレースに見られたものは
手がかがった跡が見られ
そのレースまでも手で作られていたことに
心がどんどん動き出す。

少しずつ
少しづつ
このブラウス一枚が出来るまでに
どれだけの日数がかかったのだろう。
作っていくうちに
ビーズがなくなり
刺繍糸でナットを作って
ビーズの代わりにしてあったり
革に見えなくなるほど刺繍がしてあったり
もう、
自分の言葉などでは
この感動が
表わせるわけがない。

わたしの中を
わたしの気持ちが
超えていて

『刺繍しないと!』

そう思った。
もう、ほんとうに
いいんだって思っていたのです。
もう、刺繍は
こどもたちや
夢見る孫にできればって
それで十分だって。

でも、
動いたのです。
心が。。。

感じたのです。
心が。。。

『刺繍しないと!』

なんどもなんども
わたしの中に
声が聞こえます。

たくさんの展示の衣装や
手仕事の糸から
聞こえるのです。

『刺繍しないと!』



e0371618_21480710.jpg
展示会の窓の外には
うちの娘二人が
谷崎さんの娘さんと
遊んでいます。

柔らかな風が吹く中
約1年ぶりに会ったのが
嘘のように
すぐに仲良くなれる。

可愛い髪に
こわれないシャボン玉がくっついて
娘がそれを
とってあげている。

そんな時間も
柔らかでした。


わたし
刺繍します。
いや、もちろん
していました。
でも、
家族のためじゃない刺繍。
わたし自身を映す刺繍。

すごく素敵な展示の
長い時間
息を吸ってきた糸たちが
わたしを動かしたのです。


いつも
わたしのハンドメイドの
こころを動かしてくれる
谷崎さんの展示は
きっと
わたしだけでなく
みなさん
こころを動かされることでしょう。

在廊されるのは
昨日今日の二日で終わりでしたが
展示は6月25日まで。

あなたもぜひ
糸の声を聞いてください。
きっと
聞こえてくるはずです。。。。。





ちなみにお写真も撮らせていただいているので
その感動は、またゆっくりお伝えしますよ〜〜〜!
モリンダ、やっぱり、やるよ!
個展に向けてがんばるし
ネットショップもやるんだ!
そのために引っ越せるような気もしてきたんだ。
もう、感動しっぱなしです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
# by molindaupaupa | 2017-06-18 21:58 | モリンダの刺繍 | Comments(0)

修学旅行

e0371618_07584009.jpg
おはようございます。
昨日、一泊二日の修学旅行から
次女が帰ってきました!!!

身体は私より大きいですが
まだまだ小学六年生
心配性な娘のリュックは
何泊なんだ!って言うくらい
膨らんでいましたが
準備も自分で全部しはったし
すごく楽しんできたようで
よかったです。

お土産代は3,240円って
決まっていて
何を買ってくるか心配でしたが
いろいろお菓子やら買ってきていました!

昨日は、この
きびだんごを食べたんだけど!
美味しい!!!
こういったモチモチしたものは
うちの次男は詰まりやすいので
食べないのですが
美味しいとモグモグ!!!!

話はいっぱいありますが
疲れてすぐに寝てしまった次女。
よかったね。

ちなみにわたしの母校でもある
この娘の小学校。
わたしのときは、お伊勢さんに行ったはず。
しかも、わたしも年の離れた四人兄弟だけど
上の三人も同じ旅行先で
泊まった場所も同じだったのです。
『浜千代館』
なので、次女のときも期待しましたが
違いました、、、、、


さて、今日は仕事かえりに
子供会の集まり、、、
がんばろ〜〜〜〜〜。

いってきま〜す。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
# by molindaupaupa | 2017-06-17 08:09 | モリンダの子育て | Comments(0)